画像がみつかりません。

大学受験は高1・高2で決まる?

大学受験には大きく分けて4つの受験方法があります。

①         一般入試    ・・・・ いわゆるテストで合格者を決めます

②         指定校推薦   ・・・・ 合格者の多い高校に与えられた推薦入試

③         公募推薦・自己推薦

④         AO入試

          です。 

現在、大学進学者の4割が②~④の入試を利用しています。

この②~④の入試の出願(申し込み)には「評定平均」が大学の示す基準を上回ることが必要になります。

たとえば ●△大学は評定平均4.0以上 のようになります。

 

この「評定平均」は、高1の1学期から高3の1学期までの通知表の成績の平均になります。

 

各学期の通知表の成績を決める定期テストは全部で12回あります。

高1の1学期中間テスト~高3の1学期期末テストまでの12回です。

高1で5回、高2で5回、高3で2回という割合になります。

 

これでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

 

②~④の入試を利用できるかどうかは、

高1・高2の間でほぼ決まってしまうのです

 

こう見ると、大学受験は高1からのスタートダッシュが大切なのが わかりますね。

通学時間も長くなり、部活も大変で、帰宅時間が遅くなり、学習する習慣をおろそかにしがちです。

高校受験が終わっても気を抜かないよう、保護者のみなさまの監督が必要ですね。

学習時間を確保させ、お子様の気の緩みを注意するしくみとして、躍進館がお力になれればと思います。

高校受験が終わったあと、気を緩めることなく、高1の定期テストに向けて英数だけでもやらせるようにしてください。

躍進館は予備校・進学塾とは異なり、個別対応ですので、各高校、学科に合わせた進度で学習を進めることができます。

Posted by:

Share:

Tags