画像がみつかりません。

力を入れるべきは英語

何度もお話をしましたが、日本の国内の人口は減少し始めました。

人口の減少は消費の減少などにもつながっていくため、

国内だけで仕事をしている会社は売上減少や競争激化を迎えてしまうかもしれません。

日本の人口とは逆に世界の人口は年々増え、2010年には69億人、2050年には91億人になる見通しとなっています。

有名大手企業の営業利益、それも海外における営業利益の率は、この10年で26%から48%にもなっています。

現時点でも利益の半分は海外で稼ぎ出しているのです。

お子様方が社会に出るころには50~60%台になっているのではないでしょうか。

何も大手企業だけではありません。小さな会社もどんどん海外に販路を開発しています。

それだけではありません。海外の会社が日本に進出してきており、社内公用語が「英語」という「内なる国際化」も広がってきています。 

私たち大人たちが受けてきた英語教育だけでは立ちいかない世界になりつつあります。

得意なものまたは学歴があれば国内で何とか生活できた時代ではなくなりつつあります。

得意なもの+英語が当たり前になる時代に突入しています。

ぜひ英語には力を注いでください。

躍進館で導入している小学生英語レプトンは、英検に対応できるだけでなく、

TOEICにもつながる「読む・書く・聞く・話す」をバランスよく学習する英語を指導しております。

中学以降の学習にもつながる学習です。中学受験をしない小学生のお子様はぜひご検討ください。

小4・5あたりから、レプトンだけで週2・3時間の学習をしていただくと

小学校卒業ころまでには中2・3レベルの英語を身に付けられるようになっています。(お子様の能力にもよります)

また、中学生以降の英語の指導も独自教材を開発中です。

きちんと学べ、弱点を見逃さない教材にし、英語の飛び級や早い取戻し学習が可能になるようにいたします。

保護者のみなさま、力を入れるべきは「英語」です!


Posted by:

Share:

Tags