やる気はやり始めると出てくる!?


作 業 興 奮

「掃除したくないなぁ」と思いながら、

気が進まないまま始めたのに、

いつの間にか 掃除に没頭していたりする

ことってありませんか?

 

やる気って 「やり始めてから出てくる」 ものだそうです。


ここでいうやる気というのは

継続する行動を伴うやる気です。


「やろう!」と思っても行動に出てこないのは

あえて「やる気」と言わないことにします。

 

さきほどの掃除のように、

やり始めて自然と作業に没頭し始めてしまうことを

「作業興奮」 というそうです。

 

作業が中断されることなく、

スムーズに進めば進むほど

この状態に入りやすくなり、

没頭すればするほど時間を忘れ、

その作業に打ち込むようになります。

 

行動が続くやる気は

この「作業興奮」に関係がありそうです。

 

勉強でも「作業興奮」が起きている躍進館


お子さんの勉強でも「作業興奮」を引き出せるといいですよね。

 

どうすれば「勉強の作業興奮」を引き出せるのでしょうか?

 

それを 引き出すのに必要なことはつぎのことです。

①     自分で主体的に行動すること

   授業を聞いている受け身の状態では作業興奮は出てきません。

   自分でやるから「作業興奮」の状態になります。

   「やらないとやる気は出てこない」

   教わってばかりいると作業興奮はおきません。

 

②     勉強が中断しない、されないこと

   頻繁に勉強が中断されていると「作業興奮」の状態になれません。

   中断がおきないような環境や工夫が必要です。

 

例えば 勉強はこんなことで中断されます

 難しすぎる問題 ・ 急に難しくなる問題集

 調べるものがない ・わからないとき手助けする人がいない

 勉強のやり方がわからない

 教えすぎる・手を出しすぎる先生(先生が邪魔してしまうことも)

 頼りすぎ・甘える環境(主体的に学ばなくなる)

 

躍進館の個別進度学習指導は

①    主体的に学ばせています

②    個別に勉強をサポートしています(中断しないように)

 

躍進館の体験学習の初日から 勉強に集中し始める生徒が多いのは

「作業興奮」を作り出しやすい指導・環境だったからなんですね。

 

子供は環境で育つ

子供は環境で育つと言います。

ご家庭でなかなか勉強に没頭する時間や空間がつくれない場合、

躍進館を勉強部屋代わりに利用してみてはいかがでしょう。

 

躍進館を勉強部屋代わりに使っていると、今勉強が苦手な子でも、

徐々に作業興奮に入りやすい子に育っていきます。

 

最近、ゲーム漬け、携帯漬けのお子様も増えていると聞きます。

小学生のうちから、毎日1時間、

「勉強の作業興奮漬け」になってみてはいかがでしょうか。

 

教室をのぞいていただくとわかりますが、

躍進館に来てしまうと意外と楽しそうに、

一生懸命やっていますよ。みんな。

 

毎日やりたい。

そんな声から作られた「マスターコース」は

毎日通え、その上 月謝が割安になるのでおすすめです。



指導方法説明会の申し込みは こちら


体験学習の申し込みは こちら


資料請求は こちら


躍進館ホームページ(TOP)は こちら




Posted by:

Share:

Tags